2004年10月07日

シングルレビュー【1】

群青日和(東京事変)
椎名林檎の気まぐれとしか思えないバンド。
ソロのときと共通メンバーはプロデューサーでもある亀田誠治氏ぐらいだが。
でもいい意味で「林檎節」が炸裂してるので、
彼女の歌声が聞きたかった人には満足な出来だと思います。

HATTORI3(ハットリ君)
つくづくSMAP個々の歌唱力のなさを痛感。

CAROLS(浜崎あゆみ)
多少リリース時期が早いような気もするけど、
販売戦略的には非常に理にかなっているのかも。

思いがかさなるその前に・・・(平井堅)
もうこの人にはバラードしか生きる道はないのでしょうか?
前作「キミはともだち」が多少毛色の違う作品だったとはいえ、
「大きな古時計」「瞳をとじて」のようなスローバラードが
すっかり彼のリスナーのニーズと化してしまったのだろうか。
posted by みるむ at 01:05| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。